Home » お知らせ, 勉強会資料, 時代の足音 » 「時代の足音」 第174回・10月勉強会 2017-10-25

「時代の足音」 第174回・10月勉強会 2017-10-25

category : お知らせ, 勉強会資料, 時代の足音 2017.11.15 

「時代の足音・10月勉強会」2017年10月25日

                                  2017年10月25日

                                              時 代 の 足 音

 

9月26日(火)首相が表明、9月28日衆議院解散、消費税増税の約2兆円を幼児教育の無償化、

                            北朝鮮問題の対応等を国民に問う。財政黒字化を先送り

9月28日(木)衆議院が今日解散。民進党は小池都知事が率いる新党「希望の党」に事実上の

                            合流(後日、立憲民主党と分離)。

10月2日(月)民進党の分裂で、衆議院選挙は①自民党・公明党、②希望の党・日本維新の会、

                            ③立憲民主党。共産党・社民党の三極の構図に

10月3日(火)ジェネラルモーターズ(GM)は、2023年までに電気自動車または燃料電池で

                           少なくとも20車種を販売すると発表。世界の大手自動車会社が一斉にEV生産を

                           本格化する見通し

10月6日(金)経産省は産業用太陽光発電の買取価格を、現在の21円/kWhから20円弱にする。

                           最終的に10円前後を目指す

10月11日(水)福島地裁は国と東電に対し、被害者約2,900人に約5億円の支払いを命じた。

                            巨大津波の発生を予見でき、東電に対し津波対策を指示しなかった国の不作為

                            を指摘。

10月15日(日)1981年以前の旧耐震基準で建てられた病院、ホテル、小中学校などの建物

                            約8,700棟の耐震性を診断したところ、約16%が震度6~7の地震で倒壊、

                             崩壊の恐れがあることが判明。国交省は改修などの対応を求めている

10月17日(火)関電は大飯原子力発電所1,2号機を廃炉にする方針を固めた。これまで6基が

                             廃炉決定済み。電力会社は老朽原発の再稼働を前提にせず、採算重視で選抜

                             する時代に入った

10月19日(木)5年に1度の中国共産党大会が18日開幕した。習近平総書記は21世紀半ばまでに

                              経済、軍事、文化など幅広い分野で、米国と並び立つ強国となる長期構想を表明

10月20日(金)天皇陛下の退位を2019年3月末、即位・新元号を4月1日で最終調整に入る。

                             特例法では陛下一代限りの退位と皇太子の即位を定める。退位後の陛下の

                             称号は「上皇」、皇后さまは「上皇号」。皇位継承順位第一位の秋篠宮さまは

                          「皇太子待遇」 となる

10月23日(月)自民勝利、安倍政権継続へ。与党、300議席超え。立憲民主党が躍進、希望の党は惨敗

10月24日(火)安倍首相が少子化対応、教育無償化やその財源確保の具体策を年内に策定と表明

10月25日(水)総務省とNTTコミニューケーションズなど国内のインターネット接続業者は、

                              2018年を目途にサイバー攻撃を一斉に遮断する仕組みを作る。社会の基盤を

         守るため、事業者が初めて手を組む

                                           以    上    

                                    文責    吉 武 惇 二

comment closed

Copyright(c) 2017 WEO – NPO法人 世界環境改善連合 公式サイト All Rights Reserved.